調べてみると、「リノベーション」は、建物の持つもともとの性能以上に新たな付加価値を再生させることとなっていて、
リフォーム」は、老朽化した建物を建築当初の性能に戻すことを言い、壁紙の張り替えなど比較的小規模な工事を指すそうです。現在、「リノベーシ
ョン」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きはされにくくなってきているようです。          
             
     

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。なお、英語で「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。


一方、「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

補助金と税制措置
・住宅ストック循環支援事業補助金 ・所得税(投資型)の特例措置について ・借入金を利用してバリアフリー改修工事をした場合(特定増改築等住宅借入金等特別控除)
・住宅金融支援機構の「リフォーム工事 応援コーナー」のホームページへ
古民家 趣味
  
戸建て住宅をリフォームする場合、大きく分けて増築する場合と改装する場合があります。増築とは床面積を増やして家を建て増しすることで、改装とは床面積を増やさないで既存部分に手を入れることです(増築工事の際には、接する既存部分も補修を行なうことから、一般的には増改築工事と言われます)。また、マンションのリフォームでは、間取りの変更や居住性を高める改装工事になりますが、水廻りの移動が出来ない事もあります。いずれにしても個人の所有である専有部分が工事範囲となります。どちらの住まいをリフォームする場合でも、現在の住まいの状態・生活スタイル・予算などを考え合わせ、専門家と相談しながら計画を立ててみましょう。
  
住まいをリフォームする際には以下の3つのポイントに気を付けて計画を立ててください。
1.リフォームの目的をハッキリさせて必要な工事を判断する。
   リフォームは工事内容や規模の幅が広いのですが、目的を明確にすることで、どんな工事が必要かがわかってきます。
2.リフォーム箇所の優先順位を決める。
   問題の重要度や緊急度に応じて、リフォーム箇所の優先順位を決めます。現状だけでなく10年ぐらい先まで考えて検討しましょう。まとめてできる
ことを一度にすると無駄のないリフォームができますが、予算が足りない場合や工事期間中の引っ越しがむずかしい場合などは工事を2、3回に分けて
行なうこともあります。その場合も工事を依頼する業者にリフォームの全体像を伝え、今回は何をまとめてすべきか相談してみましょう。
3.リフォームではゆとりのもった資金計画を立てる。
   リフォームにかかる費用は、工事の規模や住宅の広さによって違います。また、しっかり計画を立ててリフォームを始めても、いざ取りかかると、意
外な老朽箇所を見つけたり、他の部分の手直しもしたくなることも。資金計画は全体的にゆとりをもって考え、契約の段階ででは予算の8割ぐらいの
工事内容にしておくと無難です。
  
 戸建て住宅リフォームでは、大規模増改築から小規模改修まで、工事範囲が幅広く考えられます。リフォームの目的や規模、工事予算を決めて進める
と、工事内容がおのずと決まってきます。
1.リフォームの時期
  
平均建て替え年数は、木造で26年と言われていました。これは取り壊された建物の築年数の平均である27年、または不動産のストック数(住宅総数)とフロー数(新築件数)で割ったサイクル年数に当たる30年という数字から取ったものです。※木造住宅の寿命について引用されることが多い研究が早稲田大学の小松幸夫教授らが行ったもので、一番新しい2011年の調査では65年という平均寿命を算出しています※
リフォームの時期は、家族構成が変化したり、設備器機の交換や建材の補修等が最適です。部分的な改修を行なうことで、家の耐用年 数を延ばすことができます。目安として設備機器や外装建材のメーカーの保証は、10年といわれていますが、使い方や細やかなメンテナンスにより、それ以上に使用できます 。状況を見て専門家による診断を受けることをおすすめします。
2.快適性や安全性の向上
  
新築住宅は、年ごとに性能が高くなってきていますので、リフォームすることで既存住宅も新築時になかった快適性を入手することができます。安全性(耐震)・断熱性(省エネルギー)・防犯性等が住まいの安心につながり、資産価値も高まります。また、キッチンや浴室は快適な空間が次々に提案されていますので、リフォーム後の性能・機能・デザイン性の一番実感できるところです。
  
  1. リフォームのご要望をお聞かせください。
  2. リフォーム工事の前に、シロアリの調査や構造の確認、必要な調査・確認・診断をしたのち、ご要望にそった適切なリフォーム計画をご提案します。
  3. 設備機器の機能や価格・施工方法などについて詳しくご説明し、ご相談の上で、お見積りを提出します。